読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノベルゲーム製作者を増やし隊:大事なのは続けること

・最後のチェック

スクリプターからできあがったゲームが送られてきました。

さっそく起動してプレイしてみます。

たぶん今までで一番うれしい瞬間です。

かといってできたからすぐに投稿するというわけにはいきません。

どこかミスがないか一通りやってみて何か問題があればスクリプターに伝え修正してもらわなければなりません。

そういうやりとりを何度か繰り返して晴れて完成となります・

・投稿先はどこにしよう。

有料で販売するつもりならDMMとDLSite.comの2つに登録すれば問題ないです。他にも販売サイトはいくつかありますがそこは好みで決めましょう。上記の2つが販売数は抜けてるのでめんどくさい場合も2つで十分です。登録も簡単ですし。

フリーゲームの場合はふりーむと+αという感じです。ただふりーむの賞に応募する場合は期間中、他のサイトで配信していると評価外になることが注意点です。賞に応募されない場合は複数サイトに登録しましょう。

サイトにもよりますがフリー配布サイトのほうが有償販売サイトより登録がめんどくさいイメージがあります。

またDMMでも無料で配信できることは覚えておいて損はないと思います。

・結果はともあれ

たぶん出来上がったものはそれなりに満足度が高いことが多いです。

しかしだからといって配信して人気が出る。ということは非常に少ないです。

特に有料販売サイトですとDL数が一ヶ月経過しても一桁の場合だってありえます。

そうなると落ち込む人も多いと思います。あんなに頑張ったのに意味ないもうやめようと諦めてしまう人もいると思います。

ただ大事なのは続けることだと思います。

実際私も有料販売では大赤字ですしフリー配布でもたいしたDL数はいってない弱小です。しかしこつこつだらだらと続けています。

それは続けていればチャンスがあるというのもありますし、単純に作るのが楽しいというのもあります。

1作目より2作目、2作目より3作目。

続けているとどうすればいいのかも分かってきて絶対に楽しくなります。

短編中心ですが10作ほど作りました。やっとどうすればいいのか見えてきたというところです。でもきっと100作作ったところで極めることは不可能です。ですのでやめる予定はいまのところないです。

なんだかんだと書いてきましたが最後に一言。

一番大事なのは作り続けること。

あなたのゲームをプレイできる日が来るのを楽しみにしています。