ビギナーズラックに挑戦。

思わぬお金が手に入ったので前からやってみたかったことをやってみた。

ビギナーズラックであぶく銭を増やせたら嬉しいな。負けでもあぶく銭だしいいやみたいなノリ。

というわけで1万円の予算でパチンコに行きました。

八女インター手前にあるダイナムという店。だいぶ前に姉がバイトしてました。

入ってみると早速聞こえる騒音的な音。これがあるからパチンコ屋には入る気が起きない。

ルールとか始め方とかも良くわかってないのでスマホで調べました。

とりあえずお金を投入からのボタンを押しても始まらない→隣の台に入れてました。ということをやりつつパチンコ開始。やったのは地獄少女。理由は周りに人がいなかったから。

勝手が分からずてきとうに打っていると左打ちしてください。という警告声が連打。

左打ちってなんだよと思いつつ調べるとそのまま左に落ちるように打つことだった。

なんでそうしなければいけないのか分からないまま左打ちをする。

たまに穴にボールが入るのでそのたびにスロットが回る。これで数字が揃えばいいんだなとだんだん理解しつつたまを弾いていく。

演出が派手で画面がびがびが光ったりキャラが喋ったりアニメ的なものが始まったりする。けど当たる気配はない。というかこうなったらチャンスというのがいまいち分からないので淡々と進めていく。かなり暇だし演出がうざったい。

特に波乱とかもなく順調にたまはなくなりおよそ30分ぐらいでなくなりました。

ビギナーズラックに挑戦は失敗という結果。

当たらなかったのもあるけどパチンコという遊戯は面白くなかった。

うるさいしびがびがした映像がうざいのが大きい。ハマる人は当たった時の興奮とパチンコ屋の騒がしさが好きなんだろうけど。

同じギャンブルなら競馬のほうが楽しめそうだなーと思いました。