大分旅行2018(サファリパークと雉料理)

2日(土曜日)の6時に出発。3日(日曜日)の21時に帰宅。

1日目

出発→知人を乗せる→マクドナルドで朝食→矢部経由で山越え→大分入り→サファリパーク→宇佐(USA)で唐揚げ→宇佐神宮→宿屋へ→宿屋でSwitch→メインの雉料理!→温泉→だらだらしながら有吉の壁を見る→寝る

2日目

起きる→温泉→朝食→出発→てきとうに走る→大分のマチュピチュ→別府の温泉→湯布院で昼ごはん→浮羽・久留米経由で八女へ→ココ壱で夕食→知人を降ろして帰宅

 

1日目

・出発

家を出たのは6時ちょい前。

前の広島旅行が4~5時だったからそれよりは遅め。

だけどちゃんと眠気はありました。

旅行前ってがっつり寝てるってことはあんまりない気がする。

早起きするっていうのもあるだろうけど。

・知人を乗せる

基本的に旅行などは運転するので黒木→八女という感じで移動。

普通は星野村が一番遠くなるんだけど今回の目的地は大分。

なので八女の人たちが黒木まで来てくれても良かったなと思ったり思わなかったり。

マクドナルドで朝食

マフィンを食べたいという意見があったので。

3号線のマクドナルドをドライブするー。

やっぱり普通のハンバーガーよりマフィンの方が美味しいよね。

・矢部経由で大分へ

黒木に戻って山を登って日向神ダムの水がないのを見たり山を下って大分へ。

コンビニ全然ねー。トイレに行きたくなったらどうするんだろう。

・大分入り

といっても山の中なのであんまり着いたって感じはしない。

大分はすぐ隣の件だけど中心地的なところになると凄く遠いしね。

・サファリパーク

アフリカンサファリ。バスじゃないと無理かなと思ってたけどそのまま車で行けた。

バスだと餌をやれるみたいだけど1人1000円以上のお金がいるし自分の車の方がのんびり見れそうで良さげ。

動物はライオンとかチーターとかキリンがいた。やっぱり実際に見るとすごくでかい。びびる。特にバッファローが大きく見える。びびる。タブレットで音声案内があるけどほとんど聞かずに見て回りました。凄く楽しかった。

見終えた後は車から降りてリスザルに餌をやったりカンガルーと戯れたりとか。

カンガルーは異様な迫力があって怖かった。真ん中の池に動かないオオサンショウウオがいた。会議の結果、あれは置物だろうという結論になりました。

昼ごはんはあんまり食べたいものがなかったので外で食べることに。

・宇佐(USA)で唐揚げ

知人が宇佐というところが唐揚げが有名だと言っていた。

宿からむちゃくちゃ離れてるってわけじゃないので行ってみた。

一軒目は持ち帰り専門の店。15分待って食べた。皮がぱりっとしてて凄く美味しかった。

二軒目は中華料理屋。麺的なのと一緒に食べた。唐揚げは美味しかったけど一軒目の方が美味しかった。麺的なものは中華麺的なやつで美味しいは美味しいんだけどとんこつ民族なので年1ぐらいでいいかなみたいな感想。

宇佐神宮

なぜか知人がやたら行きたがったので。

鯉や亀がいた。なんかでかい葉っぱがたくさん生えててきもい池があった。

とても歩いたので疲れた。

・宿屋へ

ちょい迷いつつ到着。

貸し別荘村 豊後の森郷七福温泉「宇戸の庄」 (貸し別荘タイプ、民宿タイプ有り)

思ってたより広くて綺麗な場所でした。

宿屋自体もいい意味で歴史を感じさせない感じ。

携帯の電波は届かないけどWi-Fiがあるのでそこまで不便でもないかな。

近くに見せとかないので夜遊びが好きな人は絶対に泊まらないとこだなと思いました。

・宿屋でSwitch

知人も持ってきたのでマリオカートとか太鼓の達人とか。

やっぱり便利だな。

・雉調理

楽しみにしていた雉料理。

雉の焼き肉、雉のたたき、雉の唐揚げ、雉ごはん+αな内容。

雉はどんな味かなーと思ってたけどとても食べやすくて肉厚がある感じ。

なんかすごくボリューミー。

とても満足して食べることができました。

・温泉

炭酸風呂。なんか変な感じでした。

温度がぬるめなのでいつまでも入っていれる感じ。

だらだらといました。

・だらだらしながら有吉の壁を見る

iPadで視聴。面白かった。

途中でジュースが欲しくなったので外にある自動販売機で購入。

星が凄く綺麗に見れたけど住んでるところもあれなので感動的なものは薄め。

都会から来たら感激するかも。

・寝る

布団を適当に敷いて寝た。

疲れもあってすぐに眠れたと思う。

寝てる途中で地震があったらしいけど全く気づきませんでした。

 

2日目

・起きる

起きたのは7時30分ぐらい。

ぐっすり眠れました。

・温泉

全員が起きてとりあえず温泉。

夜に入った時より暖かく感じれた。後、炭酸成分がよく分かる気がした。

・朝食

ごはん、焼鮭、生タナゴ、納豆、味噌汁といった普通の朝ごはん。

美味しかったです。ご飯はおかわり自由だったけどしませんでした。

・出発

なんかなんだで10時ぐらいに出発。

いい宿屋でした。

・てきとうに走る

山道を登ったり下ったり。

今回の旅行は山道が多い。

・大分のマチュピチュ

なんか看板があったので行ってみました。

確かに山具合とかマチュピチュに似てるなと思いました。こじつけっぽいけど。

でもちょうどいいトイレ休憩に便利な場所。

・別府の温泉

別府は温泉の街だけあって硫黄臭が凄い。

旅行の時はテンションが上がる要素だけど住む人はどう思うんだろうなーと思いました。

行ったのはひょうたん温泉っていうところ。

温泉自体はあんまり硫黄の匂いはしなかった。けどサウナ的なお風呂が良かった。サウナはとても好きです。

温泉の後は休憩室でゆで卵とじゃがバターを食べました。じゃがバターはバター感が少なかったのが残念。

その後は駅でお土産を買いました。プリンとかラングドシャとか。

・湯布院で昼ごはん

最初は別府で食べようと思ってたけど店がことごとく閉まってた。

ので帰りながら店を見つけようという感じ。

湯布院でなんか鶏天とか食える店があったので入って食った。

まぁそこそこという感じ。本当にそこそこ。

・浮羽・久留米経由で八女へ

お昼ご飯も食べたのでコンビニ休憩を入れつつ帰宅。

下道オンリー旅行でした。時間はかかるけど高速道路より楽だし楽しいと思う。

・ココ壱で夕食

八女についてお腹空いたのでココイチで食べる。

普通に美味しかった。久しぶりにココ壱で食べたような気がする。

・知人を降ろして帰宅

そのまま。思ったより遅くなったような気もする。

お土産を置いて風呂に入って寝ました。

 

・まとめ

去年の広島は夕食が微妙だった。

ので今度は都会ではなく田舎の方、というコンセプトが良かった。

サファリパークも良かったし、どこかの道の駅で見れたオオサンショウウオも良かった。

雉もばっちり美味しかったし、みんな同室でだらだらするのも修学旅行っぽくて良かった。

去年の旅行の反省点を活かせた旅行になって良かったです。