太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!

switch.taiko-ch.net

制作:ナムコ

 ゲーセンの定番ゲームなイメージ。

CSで楽しく遊ぶには専用コンが必要ってことで今までスルーしてた。

でも今作はジョイコンで遊べるというこで買いました。体験版で遊べたのは大きかったけど。

アマゾンなどの点数とかは低めだけどシリーズ初だからかとても楽しめてます。20時間以上プレイしてる。操作は常にテーブルモードのジョイコン。パソコンの前に画面をおいてするって感じ。

スイッチをすぐ横に置いてるからちょっと遊びたいなーっていうときにできるのが嬉しい。ジョイコン操作もカッの連打はきつめだけど他は大丈夫。スキルなしでも補正があるし。難易度むずかしいぐらいならだいたいの曲はクリア点数取れるし簡単な曲ならフルコンボだドンもできる。

ロード画面が長ったり曲数とか選曲とかの問題もあるけどやっぱり手軽に遊べるというのが凄くいい。Switchはこのゲームのための設計とすら思える。

ただジョイコンモードは気軽に遊べるって感じなのでガチ勢の人は専用コンを買った方がいいと思います。

1番の不満はスキルなしでもジョイコン操作で補正がかかること。縦振りオンリーでもタイミングが合えばドンとカッの両方OKみたいな感じ。

上手く認識できないっていう意見があったからこうなったのかもだけど、これだといい点数を取れても補正のおかげって思えてしまう。オプションでオンオフができるといいなーと思いました。ってかそうしろ。

あと操作キャラを増やすのにパーティーモードで遊ばないといけないのも面倒。

なのでずっちドンちゃんで遊んでて全然操作キャラは増えないです。まぁ何の支障もないといえばないけど。

曲に関してはやっぱりもっと増やして欲しいなーと思います。スタジオジブリパックも買いました。次のパックも買うと思います。ナムコ名曲パックとか任天堂パックとかクラシック曲パックが出ると嬉しい。入ってる曲ではオリジナルのやつが遊んでて楽しいのでそっちも増やして欲しいな。テーマ曲のフリフリ♪ノリノリ♪は凄くいい曲だと思います。

割と売れてるみたいなのでボンバーマンみたいに長いアプデに期待。

ながーく遊べそうなので買って良かったと思いました。なんだかんだで専用コンも欲しくなってくる。

新しいテレビを買いました。

前に買ったのは第二回WBCの時だったから9年前のこと。

近頃は4Kテレビも安くなったって聞くし大きいので映画とか見たいなーって思ってた。

ので色々調べてさっきヨドバシ.comで注文。水曜ぐらいに届く予定。

49Vか55Vかで悩んだけどどうせまた長く使うんだからと買えるので1番大きいのにしました。ポイントを使ったので支払いは10万円ぐらい。

今までのが32型だったので一気に大きくなる。届くのが楽しみだなーと思いました。

ゴールデンカムイ

www.kamuy-anime.com

作者:野田サトル

アニメ化の時に無料で3巻まで読めるというのがあった。

読んだら凄く面白かったので全巻買いました。アニメは見てない。

名前は知ってたけど内容は全然知らなかった。けど読んだらすぐにかなーり好みの作品だと分かりました。

想像よりギャグが多めで予想を裏切ってグルメ要素満載。

でも熱いところはちゃんと熱い。登場人物も魅力満載な人が多い。

仲良しな時は仲良しだけど敵対した時にはぬるくないって雰囲気が好きです。

そして1番のいいところは食事シーンだと思う。美味しそうっていうより楽しそうって感じが伝わってくる。やっぱり楽しそうってのは大事だよねって思いました。

コメディもアクションも変態性も暴力的なのも全部が全力って感じがする漫画。

余計なギャグやコメディ要素が好きじゃないって人は駄目かもだけど、それ以外の人には読んで欲しいなーと思います。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.8.8

www.youtube.com

想像以上に新要素が多くて驚いた。そこそこぐらいからかなり楽しみになりました。

新規キャラには期待しないでねって言ってたけど十分に多いよね。どんなキャラが参戦するのか予想できないから楽しみ。ドラクエから誰か来るのかな?

BGMの数が多いしSwitchは色々なところで聞けるし画面消しても大丈夫だしでサントラとしてもお得なのが凄いなーと思いました。本当にスペシャルなスマブラになりそう。

モニターを買いました。

モニターがいきなりつかなくなったのでヨドバシで購入。

1つのディスプレイが壊れてもそんなに支障をきたさないのはマルチディスプレイの利点だな。

ディスプレイはどれにしようか迷ったけど横に並べるなら同じのの方が見栄えがいいかなと去年にPCと同時購入したものを買いました。

https://www.yodobashi.com/product/100000001003099159/

明日には届くらしい。超早い。ポイントを使うか迷ったけど使いませんでした。

DEARDROPS

dlsoft.dmm.co.jp

制作:OVERDRIVE

キラ☆キラ系列3作品目。

色々あってヴァイオリンを辞めた主人公が色々あってバンドをする話。

始まってからメンバーが揃ってOPまでが割と長かったり、ヒロインを選ぶ選択肢からルートに入るまでも妙に長ったり、その間にスキップできないライブシーンがあったりと序盤の方はテンポ的にいまいちで不親切なところもあった。

けど個別ルートに入ったら面白かった。律穂ルートは、だけど。

律穂ルートが完全にゲームのメインでしっかりバンドの話だった。主人公と律穂と英嗣はここでがっつり掘り下げがあって割と長めのシナリオだったけどそんなに飽きずにできた。前作のカーテンコールがいまいち売れないバンドのなんだかんだだったのでこっちは割とすんなり人気になっていく感じ。バンドメンバーも超絶に上手い人達が集まるのであんまりバンド的な苦労話はないかなと思う。律穂と英嗣のプロとアマチュアの対立が英嗣の過去話で誤魔化された感じがあるのはちょい残念だったかな。もっとそこらへんを突っ込んだ話にしてほしかったな。終わりももっとバンド重視で良かったんじゃなかと思うけど、でもライブシーンも良かったし曲も良かったし満足度は十分にあった。

と律穂ルートはそれなりに良かったけど他のルートはびみょーな感じ。弥生とりむは適当っていうか完全にFDみたいなのりでギャグっぽいシナリオ。おまけに下手に個別ルートがある分だけ英嗣みたいな掘り下げもないので何だか割を食ってる。せっかくみんないいキャラなのに勿体無いよなと思いました。ちゃんと律穂ルートに2人の掘り下げもしっかりしてたら違う評価になっうてたのになと思います。

かなでルートは割と話的にはしっかりしてるんだけどその内容があんまりよろしくない。律穂ルートも割とあるけど登場人物が基本的に才能があるためそっち方面でのつまづきがほとんどない。なので乗り越える壁を外部からって感じになるけどかなでルートはそれが不自然でなおかついやーな感じ。具体的には所属事務所が無能すぎる。自分ちのライブハウスという超絶ホームがあるのになんであんなとこで歌わせてんねん。完全にシナリオのためにって感じがしていまいちだった。かなでもキャラ自体はいいのに勿体無い。

律穂ルートは良かったので買っても損はないかなと思うゲーム。今はDL版でも安いしな。レビューを見るとキラ☆キラと比べて~とあったけどバンドが題材っていうのが同じなだけでバンドの扱い方はほぼ間逆なので比べるのが悪いよなと思います。

キラ☆キラはバンド物としてより旅物としても面白さが大きかったと思うしね。バンドも逃避的っていうか非日常みたいな雰囲気で、それが良かったと思う。

後の2作はバンドを日常みたいに書いてるからそういう違いはあるんだろうなーと思いました。次回が最終作で瀬戸口が書くそうなので割と楽しみです。

空中ブランコ

www.toei-anim.co.jp

監督:中村健治

 

原作も好きだし中村健治作品もこれ以外は全部見てた。

けど今までスルーしてた作品。見てみたら凄く良かったです。

アニメ+実写な構成。伊良部がきぐるみ、おかま、子供の3種類。アニメ向きじゃなさそうな題材。

とぱっと見てとっつきにくい感じだしそれが理由で見てなかった。

けど見終わってからはこれがベストの作りなんじゃないかと思えるのが凄い。

それぞれの要素がうまく噛み合ってるし1話完結なだけあってテンポもいい。

冒頭→OP→中身→ED→いらっしゃーい→次回予告の流れが凄く良かったです。

やっぱりそういう流れがちゃんとしてるアニメっていいよね。

特にEDに入る流れとか次回予告とかは超大事で中村健治作品はそういうのが上手くできてるからどれも好きなんだろうなーと思います。

原作と同じように精神的という題材を扱いながらコメディでなおかつそれなりに真面目にって感じもでてた。ここは伊良部をあんな風にしたおかげかなと思います。原作ファンにはこれは……って思う人もいるかもだけど個人的にはこれが良かったです。

いろいろと見るのをためらう要素があるけど3話ぐらいまでは見てほしいアニメ。

食わず嫌いはやっぱり駄目だなと思いました。