レイジングループ

www.kemco.jp

制作:ケムコ

人狼+ループもの的なノベルゲーム。

主人公はリーディングシュタイナー持ち。

役職名とかは違うけどルールはほぼ人狼。襲撃と吊り=死亡のデスゲーム。罰はあるけど場外乱闘有りなのはわりと珍しいかな?

基本的に人狼とデスゲームは相性が悪いと思ってます。

エロゲーでも人狼題材のをやったけどいまいちだったし。

ですがこのゲームは排他的な村のさらにはみ出し者が集まる地域を舞台にしてるのでそれなりに展開などに説得力がある。

村のために死ね。という暴論がまかり通るみたいなとことか。

基本的に選択肢にはロックがかかってるから一度やって、また戻ってを繰り返す。

これは記憶を思い出すことで選択肢が増えるという設定なので理屈としてどうして選択肢が増えるのかというのが分かる。

話的には人狼をループしつつ行って最終的には人狼の黒幕、ループの原因を解決するという感じ。

単純に人狼ゲームとして面白かったし、最終的な解決編まですごくよかった。

あんまりダレるところがなく、続きが気になるのでわりと一気にやってしまいました。

クリア後のおまけも面白かったです。ここでこの人は~いうことを考えてた。っていうのは人狼後の赤台詞や独り言を読んでるみたいで、それも人狼っぽいなーと思いました。

基本的に話としては解決してるけど、バックグラウンドにわりと大きな話がありそうなのが気になる。他のゲームをすれば分かるのかなと思いました。

話も面白かったですけど登場キャラもよかった。

あまり捨てキャラ、死にキャラがいなかったのが好印象。

ヒロインの3人はどの人も癖がありつつそれぞれの良さが出てて良かったです。

個人的には春が1番かなーと思いました。あれ込みで。

男キャラだと清之助。偉そうだけどいじられキャラっていうのがよかった。おまけシナリオの話もよかったし。

主人公もいい感じにただのいい人じゃない。人狼系で正義感が強い主人公だととてもうざったいのである程度は冷酷じゃないとなと思います。

間違いなく人狼ゲームを題材にしました系ではトップな面白さ。

switchでやったけど色々なハードやスマフォ的なもので出てるのでぜひやってほしいです。

ケムコのゲームはWiiUでやったトガビトノセンリツ以来の2本目。

デスマッチラブコメを確かWiiUで買っててやったなかった気がするので買ってたらやりたいと思います。

買ってなくても買ってやりたいと思います。

月影のシミュラクル -解放の羽-

dlsoft.dmm.co.jp

制作:あっぷりけ

今年からエアロバイクの暇つぶしに垂れ流すものがノベルゲーム中心になった。

ので前よりノベルゲーム(エロゲー)をすることが多い。個人制作でノベルゲームを作ってるのでいいことのはず。

でも遡って感想は書かないのでこの作品が初ってことになる。

ミステリー・ホラーということでやってみたゲーム。意外とエロゲーってそういう作品って少ない気がする。

話としては久し振りに田舎に帰ってきた主人公が森の中の館で~という感じのミステリーではよく見る感じ。でもこの作品はあんまりミステリー要素はなく、ほぼ怪異とかホラーとかそっち系。

そもそも登場人物が少ないし、おまけにそのうちの2人は物語のちょい外、しかもとりあえずみたいな推理要素もない。

のでミステリーとして期待して買うとがっかりする可能性大。

しかし良くも悪くもまとまってるっていう話なのでそれなりには面白かったりするけど、あくまでそれなりってところ。まぁもともとミドルプライスのゲームだしなって感じ。値段相応には楽しめると思います。

仕組みはAルートをクリアするとBルートの選択肢が開放。Bルートをクリアすると~。って感じのロック形式。

個人的にはなんだかなーと思いつつもこういう形式にしたい気持ちも分かるので複雑なところ。いきなり真相ルートにいかれたら他のルートが茶番に見える可能性もあるしね。

この作品は一応エロゲーらしくそれぞれのルートが各ヒロインのルートになってるけど、同時にホラーにも寄せてあるのでそれぞれのキャラが好きな人にしたらうーんとなるかもしれない。最後にいくエンドはさすがにきれいに終わってるけど。

そこらへんはあくまでホラーゲームってことで恋愛恋愛を求める人にはミステリーを求める人より不向き。エロシーンの入り方もかなり雑いし。

あんまり色々なものを期待してやるとがっかりかもだけど軽い感じで始めたら楽しめるんじゃないかなーと思いました。

スーパーマリオオデッセイ

www.nintendo.co.jp

制作:任天堂

最初はふりーむのゲームのレビューを書く日記でした。

そして今年から名前を変えてダウンロードゲームも書くようにしました。

しかしダウンロードゲームと言ってもどこまで書くのかみたいな線引がなんか面倒くさい。安いのならセーフなのか、それともメーカーで区別するかみたいな。

なのでもう全部のゲームでいいやというのりにしました。どうせほとんどをダウンロード版で買うしなっていう感じ。

映画や小説だと感想を書くのが面倒くなって見たり読まなくなったりする本末転倒な現象が起きることもある。でもゲームだと1本のクリアにそれなりに時間かかるのでそんなことは起きにくいかなと思いました。

そしてそう決めていつからそうしようとか過去に遡ってレビューを書くべきかとか悩んだけれどちょうどいいゲームが出て表面をクリアできたのでこのマリオオデッセイからチェンジしようと思います。ちなみにゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルドは100億点です。

そして今回の本題のマリオオデッセイ。

3Dワールド以来、4年ぶりの3Dマリオ。それもギャラクシーや3Dワールドは2D的なステージクリア型だったので(とくにワールド)探索型のマリオはサンシャイン以来の十数年振り。

そのせいもあってか期待値は高くてPVの出来も良くてこれは神ゲー間違いなしだなと思ってました。発売をとても楽しみに待ってました。あらかじめダウンロードを忘れるという痛恨のミスを悔やむぐらいに。

そしてやってみての最初の感想は「神ゲー」そのもの。

動かしていて心地いいマリオの操作感に魅力的な世界観。可愛い系のキャラや多彩なアクションなどストーリーがほとんどなくてもただ動かして楽しいというマリオの真骨頂。

特に序盤に訪れるダイナフォーは景色とBGMが合わさってこれ以上ない冒険感があってめちゃくちゃよかった。感動した。

基本的にはムーンを集めて次のステージに行くといった感じ。

64などと比べてムーンの数が大幅に増えていてわりとすんなり手に入ることが多い。そして取ってもステージの最初に戻されることはないので、ここという区切りが少なくてなんかずるずるやっちゃう。

ただクリアするだけなら大量にあるムーンのうち1部を取ればいいだけなのでそこまで作業感はなかった。だいたい多めに取っていってしまう感じというか取りたくなるような感じになってるし。

クリア時間は15時間。だったけどあんまりだるさとかはなかったのが凄い。だいたいのゲームは中盤あたりで面倒くさくなるけど。特に最後辺りからのEDまでの感じは凄く良かったです。

今作の目玉機能の帽子やキャプチャも凄く良かった。特にぷくぷくなど普通では不便な操作がキャプチャでスムーズになるのとかが好き。クリボーとか見た目が可愛くなるのとか。こういうのりでPECO(NEWGAMEの作中ゲーム)もやってみたいなーと思いました。

帽子アクションもマリオの帽子はこのためにあったんだと思える。

攻撃や移動など様々な場面で活躍。しかし携帯モードだと1部のモーション操作が非常にやり辛い。ヌンチャク式(?)をおすすめしてるとはいえもうちょっとどうにかならなかったのかなと思いました。ボタンの割り振りとかで。

モーション操作を矯正する理由付けがあんまりなかったので不満がわりと出やすいと思いました。

しかしそういうアクションは使わなくても普通にクリアできるので問題ないといえば問題ないかもしれませんが、やっぱりうーんという感じ。

またクリア後にいける場所の狭さもわりとがっかり感。特に城の中は入れるんだ。という期待を煽ってのあれだったので落差がすごかった。あれなら入れなかったほうが良かったんじゃないでしょうか。

あと贅沢を言うならボム兵の戦場だけでもおまけステージでリメイクとして遊べたら最高だったのになと思います。

個人的にムーン集め的な要素はあんまりやる気にならないけどダウンロード版なのでちょこちょこ起動してムーン集めをしたいなーと思います。したいなで終わる可能性も大きいけど。ムーン集めが面倒くさくなって作業感が出てきそうなのがちょっとなーという感じ。

しかしながらスタッフロールまで遊ぶなら間違いなく神ゲーです。

瞬間的にはブレス オブ ザ ワイルドだけど総合的にはオデッセイの方が好きだなーと思いました。でもこんな神ゲー2作を遊べたなんて2017年は本当にいい年でした。ホークスも日本一になったし。

まだ今年はもう少しあるので同じぐらいいいゲームに出会えたらいいなーと思いました。

 

Euphoric Create(ユーフォリック・クリエイト)

www.freem.ne.jp

制作:夢幻飛翔(3024)

1本道の百合ビジュアルノベル
人と人の関わりがなくなったという不思議な世界観。
そんな世界で人との結びつきを描くという感じ。
登場人物、特に主人公が良かったです。
不器用なりに成長していく物語で好きなお話でした。
絵も上手という感じではありませんが、温かみがある感じでお話にあってました。
少し長めではありますが続きが気になって最後までするのが苦になりませんでした。
百合に抵抗がなければおすすめです。

ホークス日本一!

松田先制ホームラン。内川起死回生の同点ホームラン。サファテの3イニング回跨ぎの力投。川島のサヨナラ打。

最後に最高の試合でした。

寄付しました。

donation.yahoo.co.jp

f:id:ismotoya:20171104193148j:plain

プロ野球の順位予想のやつ。

きりよく2000円を寄付しました。

標準体重を目指す経過報告

09月の平均

体重:75.6kg 摂取カロリー:1876kcal 運動量:324kcal

10月の平均

体重:74.9kg 摂取カロリー:2087kcal 運動量:262kcal

所感:2日連続飲み会→地元の祭り→旅行→農林水産まつり。と週末にがっとカロリーを取ることが多かったので摂取カロリーが大幅に増えた。その影響が出て平均体重も微減。実質体重は微増だと思う。まぁこんな月もあるよねってことで切り替えて11月はずるずるいかないようにしたい。